名古屋近郊の交通事故治療専門院@いけむら接骨院
HOME>巻き爪治療

巻き爪の原因

小さすぎる靴や大きすぎる靴

サイズの小さな靴やつま先部分の細くなった靴(パンプス、ハイヒール)により爪が圧迫され痛みが出現し、また逆にサイズの大きすぎる靴により足が前方にすべり爪が当たり痛みが出現する。
そして痛みをかばうことで圧力不足となり爪は巻くようになります。

 

 
深爪
「深爪」というと、爪のピンクの部分まで切ってしまうイメージがありますが
実は爪の先の肉の部分が見えていたら深爪なのです。

正しくは、爪の白いt部分で肉を隠しておく必要があります。
指の形に沿ってスクエア型に爪を切ることに注意してください。
 
外傷やスポーツ

足を何かにぶつけ、それをかばうことで圧力不足となり
爪が巻くようになります。
またスポーツによって無理な荷重がかかったり、
衝撃を受けることで爪が巻くようになることがあります。

 

 

 
足の圧力不足
爪には、もともと指のカーブに沿って巻こうとする性質があり、
指のお腹に圧力が加わることで、
その形を平らにキープしているのです。

したがって足の指に力が入りづらい方は
巻き爪になりやすい要因があります。