名古屋近郊の交通事故治療専門院@いけむら接骨院
HOME>インソール(足底板)療法

こんな症状にお薦め

外反母趾
原因
足の横アーチの破綻により足幅が広がり、母趾の機能が低下することにより起こります。
全てではありませんが、先の細いパンプスやハイヒールも要因のひとつです。

 

インソール療法の効果
横アーチを支え、母趾内転筋をパッドで圧迫することにより母趾の機能を改善し、
矯正します。

 

結果
痛みを軽減し、外反母趾が矯正されます。
 症状の改善には個人差があります。
 
足首周りの痛み・すねの痛み
原因
スポーツのオーバーユーズ(使いすぎ)による痛みや
足関節の変形によるもの
また関節不安定性によるもの

 

インソール療法の効果
足の3つのアーチ(内側たてアーチ、外側たてアーチ、横アーチ)をささえ、足にかかる衝撃を
軽減する。また足趾機能を改善する。

 

結果
足への負担が軽減し、足の安定性を獲得することにより痛みが消失する。
結果には個人差があります
 
膝が痛い
原因
足裏のアーチが崩れると、膝内側の関節(骨格)や筋肉に負担がかかり痛みが生じます。

 

インソール療法の効果
アーチを機能させることで、膝内側の関節(骨格)や筋肉のバランスが整います。

 

結果
膝への負担が軽減し痛みを改善
 
腰が痛い
原因
生活習慣などからからだがゆがみ、腰へ負担をかけてしまいます。負担がかかった腰の筋肉は疲労し、血行不良や痛みを引き起こします。

 

インソール療法の効果
アーチを機能させることで、からだ全身のバランスが整い、 ゆがんだ姿勢を補正します。

 

結果
腰への負担が軽減。血行も良くなり、腰の筋肉が活性して痛みが改善します。
 
偏平足・足の疲れ
原因
先天的・後天的の両方があり、運動不足や生活習慣などにより筋肉や靭帯が緩み、足裏の縦アーチが下がると考えられています。足のクッション機能が失われ、衝撃を吸収できないため足は疲れやすく、足・膝・腰などにも負担がかかり痛みをともなうこともあります。

 

インソール療法の効果
縦アーチをサポートし、理想的なアーチを保持します。

 

結果
足の骨格が正常な状態に近づきクッション性を高めるため、
疲れや痛みを軽減します。
 
足裏の痛み
原因
生活習慣や運動不足や加齢により、筋肉や靭帯が衰え足裏のアーチが下がります。
足に備わっているバランス機能・クッション機能が失われ、一定の場所に刺激や圧力が加わり痛みが生じます。

 

インソール療法の効果
縦アーチ、横アーチをサポートし、足に備わっている機能を回復させます。

 

結果
歩行時の衝撃を吸収し、クッション機能を高めます。
また、歩行バランスも整うことで足裏の負担を軽減し、痛みを和らげます。
 
かかとの痛み
原因
かかとに付着する足底腱膜(足の裏の筋肉)が緊張し、炎症を起こし痛みが起こります。
 かかとの骨(踵骨)に棘が出来る踵骨棘は痛みの原因ではありません。痛いのは足底腱膜です。

 

インソール療法の効果
足のアーチをささえ、かかとにカップ状のパッドを当てることによりかかとにかかる負担が軽減します。

 

結果
かかとの痛みが、軽減または消失します。